スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
臨時休業します。
2007/07/06(Fri)
長らくご愛顧いただきましてありがとうございます。
しばらくここをお休みすることにしました。
閉店してリニューアルオープンも考えたんですけど…
誰かとまだ少し接点を持ちたいな…と。

もし何かありましたらメールのほうにお言葉くだされば有難いです!

では皆様お元気で。
またお会いしましょう。
スポンサーサイト
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(1) | ▲ top
同姓同名
2007/06/14(Thu)
皆さんは自分の名前をネットで「検索」したことがありますか?

そう、ネットで。

名前を公開して何かをやってる人やどこかの偉い人は当然検索すれば出てきますよね。

そうではなく、何もしていないし、ネットにも公開していない人はない筈なのです。

が、しかし、出てくる、出てくる。こんなに自分と同じ名前の人が居るなんて…驚きました。
しかも、皆さん色んな方面で活躍しておられる方ばかり。
と、いう事は結構縁起のいい名前なのかも。

まぁ、結婚して苗字が変わってるので旧姓は…ありました!
またまた各方面でご活躍の方ばかり。

ほ~~!すごいね。

私もがんばろ~って思いましたよ。

それで思い出したのですが、何年か前の運転免許証の更新手続きをした時のことです。

「○○県に住んでたことはありますか?」と聞かれました。
行ったこともない地でしたので、「いいえ。」と答えましたが、

○○県に私と同姓同名でその上、生年月日も同じ人が存在していると聞かされびっくりしました。

その時は、どんな人だろう?何をしている人だろうと少し関心はありましたが、忘れていました。

検索して、見つけました。きっとその人だろうと思います。
○○県も同じだし…

その人が書いた文章があった。
仏教に関係している方で、お参りに来られた檀家さんの事を書いておられて驚きました。

同じような場面に出会ったら、きっと私もそう思っただろうな、という文面でした。

何故かホッとした気分でした。

会ってみたいな…。
この記事のURL | 日記 | CM(9) | TB(1) | ▲ top
幸運を呼ぶ朝!!
2007/06/08(Fri)
最近職場へ向かう車の中でラジオを聴いている。

お気に入りは(その時間帯しか車に乗っていないからかもしれないが)

FM東京の午後2時からの坂上みきの「エンタマックス」

坂上みきの面白くてテンポのいい話し方がとてもいいですね。

この方大阪出身なんですって。やっぱりね~
ホント面白い。

昨日の木曜日はランキングの日ということで

佐藤 伝さんの「幸運を呼び寄せる朝の習慣」という本の中から朝やると良いランキングを紹介されてました。


第1位 「起きてまず、ベッドの上で10秒正座をする」
その時、よくねた~~ とつぶやくのがコツなんだそうです。
佐藤さんによると、起きた直後、そして寝る直前のどよーんとした時間には、
人間の潜在意識にどんどん入り込んでいけるチャンスなのだそうです。
ですから、その時間帯に、いいイメージを潜在意識に植えつけてしまおうという試み、
もちろん、もっとポジティヴな言葉「やせそう!」とか「いい出会いがありそう!」といった
わくわく進行形・・・な言葉を植えつけてしまうのもOKです!

第2位 「アロマ」
アロマミストを、寝たままで天井にシュッとひと吹き。
特に、グレープフルーツの香りをシュッシュッとするのが、目覚めにはオススメです。
グレープフルーツの香りには、心に自信を与え、
軽いウツ状態を改善させる効果が期待できるそうです。
さらに嬉しいのは、リンパ系のよい刺激剤になり、
リンパの流れを促進してむくみを解消してくれます。
利尿作用もあるとされ、体の中をキレイにしてくれるし、
その香りを嗅いだだけで中性脂肪を燃焼する力があることも解明されているという、
ダイエットの味方にもなる香りだそうです。

第3位 「塩はみがき」
塩(自然塩)で、歯ぐきみがきをすること。歯ぐきを塩でブラッシングすると、
生きる力が湧いて、しゃきっとするそうです。
塩には、余分な老廃物を取り除き、血行を良くする効果があります。

第4位 「音楽」
音楽連動めざまし♪を使うこと。ベルの音ではなく、お気に入りの音楽で目覚める。
最近は、I-pod用の目覚ましがあり、特にオススメです!

第5位 「朝シャワー」
起きたらすぐにシャワールームへ直行し、ちょっと熱めのシャワーをあびる!
この季節はじめじめして寝汗をかきやすいので、とくに効果的です。

まとめてみると
→ 好きな音楽で目覚め、グレープフルーツのアロマをシュシュっとして、正座をして
「よくねた~」とつぶやき、シャワーを浴び、塩はみがきをする。

理想は朝の光を浴びることですが、仕事の都合などでそうは行かない方も多いでしょう。
そんなときは、ご自分が起きたときを朝として、試してみてください。
幸せは朝からやってくるかも!?です。

以上、坂上みきの「エンタマックス」より抜粋。
http://www.tfm.co.jp/max/index.php?catid=24

何かワクワクしてきません?

さぁ、今朝から始めてみませんか?


幸運を呼びよせる 朝の習慣 幸運を呼びよせる 朝の習慣
佐藤 伝 (2006/12/19)
中経出版
この商品の詳細を見る

この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
早朝の月
2007/06/04(Mon)
>20070604214434.jpg



また朝まで月を見ていました

キミから月まで直線を引いて
月からボクまで直線を引く
するとその三角形の底辺を成す
二人の距離など全く無視できるくらいのもの

今、僕は君のすぐ横

そう言って笑っていましたね

貴方も今この月をみているのでしょうか
この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
CSI 科学捜査班
2007/06/03(Sun)
ケーブルテレビでアメリカのドラマをよく観ます。
中でもお気に入りがAXNの「CSI科学捜査班」という番組。

「CSI科学捜査班」「CSIマイアミ」と続いて
新たに始まったのが「CSI:NY」
NYで起こる様々な事件をCSI捜査班が解決していくというお話。

日本で言うと「鑑識」に当たる人たちの話です。
詳しくはこちら ↓
http://www.watch-csi.jp/

今放送されている「CSI:NY」ではあの『ゲーリー・シニーズ』が主演です。

そう、映画『身代金』や『スネークアイズ』で悪役を演じた俳優さんです。
顔がどうしても悪役顔なのでそうなってしまうのかと気の毒に思っていましたが。

その彼がとてもいい。

01.jpg



まぁ、悪役を演じられる俳優さんはうまいとよく評されますけど。
味があって素敵なのです。

AXNでは他にも「LOST」「エイリアス」「インベイジョン」などたくさん面白いドラマがありますが、続けて観られないとストーリーが分からなくなってしまいます。

でもこれは出演者さえ覚えておけば、ストーリーが1話完結なのでいつ観ても大丈夫。
そこがいいですね。

他にも「デッドゾーン」というドラマも面白いのですが、最近ストーリーが続いているようで、ちょっと筋が分からなくなってしまいました。



この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
温泉!
2007/06/03(Sun)
神奈川県に越してから今年で4年目。
ここは箱根などの温泉が近くにあり、とてもいい所だな~って思います。
山梨県、静岡県などへも足をのばして富士山を見に行くこともしばしば。

そこでふと…行く先々で写真記録を付けておくといったこともせず、どういう温泉だったか、宿はどうだったか…。
今思えばそういうブログを見るにつけ、残念な思いです。

まぁ、今記憶しているものだけでも公開してみたいと思います。

先週の月曜日に仕事後に車を飛ばして行った宿。

「ロッジ富士苑」

仕事帰りの遅いチェックインでもOKということで決めました。
温泉24時間。朝食付きで5700円!メチャ安っ!

着いてすぐ風呂へ。夜の温泉です。露天なし。
でも大きな窓を開けると露天気分が味わえます。
お湯は白濁。適温。とてもスベスベして気持ち良かったです。

20070603070402.jpg



早朝。窓からは富士山が見えるはずでしたが曇っていて見えず。
でも景色もよく気持ちのよい朝の入浴が楽しめました。

20070603070556.jpg




その後部屋でまた一眠りして目が覚めたら…ナント!目の前に富士山が!

20070603070806.jpg



その後また雲に隠れてしまいました。
ほんの一瞬でしたが、とても運が良かったな~と思いました。しばし見とれる

私は温泉に行く時にはネットで申し込んで安く行くようにしています。
今回利用したのが ココ ↓

【じゃらん】国内15,000軒の宿をネットで予約OK!5%ポイント還元!



この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
父のこと
2007/06/01(Fri)
父が亡くなって、もう16年。

今日はその父のことを書こうと思います。
思い出にある父はハンサムでダンディーな素敵な人でした。

私は末っ子で父に溺愛されていました。
子どもの写真って、下になるほど少なくなるって言いますけど、私の場合は兄や姉より多かったと思います。
髪にパーマを当ててフリフリのワンピースを着てポーズを取った写真ばかりでした。

物心付くか付かないか位の頃から父の膝の上で映画を観ていた記憶があります。
そのせいか、映画がとても好きです。
大きなスクリーンいっぱいに映るまばゆいばかりの外国の風景や人々。
憧れでした。
それとセンスのいい音楽。
すべてが別世界でした。今でも映画館に行くと父との思い出がそこにあります。
家には大きなステレオがあり映画音楽やクラシックが流れていました。レコードを集めるのが趣味だったようです。

センスのいいジャケットを何枚も持っていて、ネクタイよりアスコットタイがお気に入りでした。
いつも綺麗に髪を整えていました。
靴磨きも自分でしていました。
高価だと思っても大切に手入れすれば長持ちして結局は安いものになるんだよ、と何足も上質の革靴を磨いていました。

仕事がクロコダイルやオーストリッチを使った高級バッグの製造販売でしたので、良いものを見分ける目は持っていたんだと思います。

若い頃、父が作るバッグに飽きてブランド物を持ち始めた時には少し悲しそうな顔をしていましたが、それでも世界に一つしかないマイバッグをせっせと作ってくれたものです。

父は若い頃にはフランス料理の修業をしていたそうです。
戦争で何もかも失ってしまったと言ってましたが、それでも事業を興しました。

跡取り息子(私の兄)を若くして亡くした時の嘆きは計り知れないものがありました。
それで私を跡取りにしようとしたのかもしれません。

まだ中学生だった私に株の話や経済の仕組みを話してくれました。その頃から、新聞を読む癖が付き始めました。
小さい頃は、父が朝早くから会社に出かけるまでの間、無言で何紙もの新聞を読んでいる姿を見て、何をそんなに面白いことが書いてあるのだろうかと不思議に思っていましたが、読むとなるほど…と思いました。
今でも毎日読まないと気になってしまいます。

そういうことに重きを置く人で、知識教養はすぐには身に付かないとよく言ってました。

勉強もそういう意味では自分の栄養になるんだと。
勉強が嫌いだった兄や姉に、教科書は面白いことが書いてある本だと言っているのを聞いて、まだ小学校に上がる前から兄や姉の教科書を盗み見していました。
自分が小学校へ上がる頃にはすっかり覚えてしまっていた、という話をみんなは信じませんでしたが…本当の話です。

ただ中学校の社会の教科書は薄っぺらで中身が無いと言って、本当の歴史はこうなんだよと話してくれましたが、今思うとモノですね~。

でも、大人になってからは父に反抗ばかりしていました。
家に縛られるのが嫌で早く家から出ることばかり考えていたように思います。
跡を継ぐことも出来ませんでした。今なら出来るのに…。
そういうものですね。

今、親になって思うと少し可哀想だったかなと反省しきりです。
何も親孝行もせずに亡くなってしまったのが心残りです。

でも、こうやって書いているのは少しだけ恩返しのつもりです。

ね!読んでるんでしょう、そこで。
そう、いつもそばにいるような気がしてるのです。
だからいつもがんばれる。

ハイハイ、分かってますよ。ニュースも見てます。新聞も読んでます。人の話はちゃんと聞いてますって。

それにしても、東宝のニューフェース一期生に応募して三船敏郎と最後まで争ったという話の真意は最後まで分からず仕舞いでしたね~(^^;)




この記事のURL | 日記 | CM(5) | TB(0) | ▲ top
人生は迷路
2007/05/24(Thu)
知り合いに占いの先生がいます。
占ってもらうことが基本だけど、カウンセラーを受けているようでもある。
今まで自分の人生は自分で決める、自分で切り開くという確固たるものがあったのですが、今はよく迷う。
そんな時、自我を抑えて素直に人の意見を聞くようにしてみた。

人生も半ばからだから、ほぼ決まってしまっている状態でみてもらったので、どうしようもない部分もあって…解決策にも導いてくださるのですが、自分が納得できないこともある。

若い頃、別の占い師に同じような事を言われたことがある。
まだ若くてこれからって時だったのでその通りにしていればうまく行ったのかもしれないが、人生はそう思い通りには行かない。
自分一人ではなく、相手や様々な人々が絡んでくるので当たり前ですよね。

若い頃はあまり先の事にまで思いが及ばなかったこともあって、結果に翻弄されるようになったのは子どもを持ってからだった。

あの時結婚という道を選んでいなかったら、こんないい子たちと出会えてなかったし、いつまでもワガママなお嬢さんだったでしょう。
仕事だってうまく行ってたか、分からない。うまく行ったとしても虚しさといつも戦ってたかもしれない。

今は何か強い絆という支えがあって何にも怖いものはない。

でも、私が誰かの人生を変えてしまった、という事は否めない。
それが私を苦しめる。

後戻りは出来ないが、前に進む方向を少し修正しなさい、というアドバイスは真摯に受け入れてみよう。

ちょっと素直な今日の私。

この記事のURL | 日記 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
運命
2007/05/24(Thu)
今日NHKのBS放送でニコラス・ケイジの「天使のくれた時間」を観た。
昨日、昔観たドラマの話を書いていて、そう言えばそんな内容の映画があったな~って思っていたら…不思議ですね。

ニコラス・ケイジは愛する恋人を置いて旅立つ。
13年後、ウォール街で金融会社の社長としてバリバリ仕事をする彼の姿があった。何不自由ない生活。
クリスマスイブの夜に街で出会った黒人男性から奇妙なことを言われる。 

翌朝目が覚めると、別れた恋人と子どもたちと暮らす平凡な生活の中の自分。

ー中略ー

その生活に居心地の良さを感じていた頃、クリスマスに出会った黒人男性が現れる。
目が覚めると元の生活。

妻を捜すが…

よく似た話だった。

自分にとってはどちらがいいのかは分からない。
ただ現実に沿った生活をしていると自ずと分かってくるようになるのではないか…

昨日今日とそんな事を考えていた。

今の自分にはどちらが自分らしく生きられるのか…
でも、どの道に行こうとも自分に変わりはないのだから。

もし間違えたのが分かったなら戻ればいいのかもしれない。
この記事のURL | 日記 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
人生は小説
2007/05/22(Tue)
①昔観たテレビドラマの話(題名も覚えていない)
主演 浅野裕子

バリバリのキャリアウーマンの浅野裕子。仕事は順調で昇進もしたが、何か物足りなさを感じる日々であった。仕事は出来るが厳しくて部下にも慕われていない。
部下(運転手?)の運転する車で自分の昇進祝いの帰り道、ふと道に一人の占い師を見つける。部下を待たせてそこに行く。

それは昔、仕事か結婚かで迷った時に占ってもらった占い師だった。
占い師の前に座る。
占い師は浅野裕子のことを覚えていて、「欲しいものは手に入ったようですね。」と言った。
占い師は「良いものを見せてあげましょう。」と言った。

気がつくと、浅野裕子はあるレストランで夫と息子と食事をしていた。夫は昔仕事を選んだ時に捨てた恋人だった。
夢を見ているのかと様子を見ていたが、何やら自分はその恋人と結婚をして一人息子と平凡な結婚生活をしていたようである。
訳が分からないまま数日を過ごしていくうちに居心地の良さを感じている自分が居た。

夫を愛し息子を愛する生活も悪くないなと感じ始めていた。

その瞬間目が覚めた。

目の前には占い師。
「どうでしたか?」と聞いた。

フラフラと部下の待つ車の所へ戻る浅野裕子。
部下に「今日はもういいわ、彼女が待っているんでしょ。帰りなさい。」
部下「え?!でも…」
「いいから、行きなさい。」と促す浅野裕子。

優しい目になった浅野裕子が一人で歩いて帰る姿。
そこに一台の車が停まる。車から一人の男の子が降りて来た。
息子だった。
「パパ~早く。」降りて来たのは恋人。そばには知らない女性。
男の子と目が合う。暫く見つめあう。
思わず名前を呼びそうになるが3人で行ってしまう。

涙が出そうになるが堪えて上を向いてまた歩き出す浅野裕子。

そんなお話。

誰にも人生の岐路はある。
どっちを選ぶかで全然違った人生になることだってある。
「運命は変えられる」と言うのはこういうことなのか…

あの時あの道を選んでいればどういう風になっていたのだろうか…
よく考えることがある。

誰でもそんな経験はないですか?




この記事のURL | 日記 | CM(3) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。